最新情報

メディア取材 MBS毎日放送 京都知新2017年 2月19日(日)6時15分~ http://www.mbs.jp/kyoto/

京都を温めて新しきを知るをテーマにした番組京都知新 MBS毎日放送に出演致します … Read More

メディア掲載 2017年1月24日京都新聞

メディア掲載 2017年1月24日京都新聞 4面 京商ニュースでご紹介頂きました … Read More

日経プレゼンツ ガイアの夜明け

日経プレゼンツ ガイアの夜明けで当社のパリでの取り組みを放送していただきました。 … Read More

製品のご注文やイベント出展依頼はこちらへ。

松岡輝一

まつおか・きいち。雅号は輝染 (きせん)。昭和43年京都府生まれ。「京鹿の子絞」染色部門の伝統工芸士。「株式会社京都美京」の三代目として「京鹿の子絞」と京呉服の製造・プロデュースをしています。最近では海外展開にも意欲的で、日本の伝統技術である絞り染めを用いて作られた着物を世界へ送り届けるために、新しい製品の開発に積極的に取り組んでいます。

京鹿の子絞

きょうかのこしぼり。京都で製造される"絞り"全般の総称で、絹織物や絹糸・木綿糸・麻糸の伝統的な原材料を使用している工芸品です。製造過程の主要部分を手作業で行っており、板締め絞や桶絞など伝統的な技術や技法を用いています。1976年に国の伝統的工芸品に指定されました。微妙なにじみ具合やちょっとした偶然の絡み合いによって、二つとして同じものができないのが特徴です。

製造企業

伝統文化の町、京都にて1937年に創業。1959年、「松岡絞り」の暖簾を掲げる。日本文化「きもの」を染織伝統技で創作し、京鹿の子絞製品および京呉服の製造販売を行っております。京鹿の子絞の技術をさまざまな商品に応用し市場を広げ、和装業界の活性化を目指しています。2016年、伝統と革新による京鹿の子絞の新しいファッションブランド KIZOMÉを発表いたしました。